新感覚のメモ帳アプリ!ある日の「あっ、忘れてた...」を無くしませんか?#4

みなさんこんにちは^^*

4回目の今回は音声認識機能について詳しく説明していきます!

#3の登録手順の部分で、「声で入力」「手で入力」の2択があったと思います。

前回は説明上割愛させてもらいましたが、手で入力するのと同様に声で入力することも可能になっています。

この機能もまた、ピクレトリが「新感覚のメモ帳」として使用できる、という部分にかかってきます。

音声入力の手順

  1. 右下の ⊕ ボタンをタップする
  2. 「声で入力」ボタンをタップする
  3. 遷移した画面上で話す 

という手順を踏むだけです!

手で入力するという手間が無いため、こちらの方がスムーズに登録をすることができますね^^*

 

音声認識機能を使用し登録ことができる」ということが、ピクレトリの大きな特徴となっています!

ペンや用紙を持っていない場合や、手が離せないとき、

などなどそういった場合に「声で入力」できるというピクレトリは魅力的です!

(以下手順1~3を挿入)

  1.右下の ⊕ ボタンをタップ     2.「声で入力」ボタンをタップ

  f:id:official-piculetly:20170317175818p:plain  f:id:official-piculetly:20170316133058p:plain

  3.話す 例コンビニでアイスを買う  結果:登録完了

  f:id:official-piculetly:20170317175159p:plain  f:id:official-piculetly:20170317175944p:plain

 P.S 

androidアプリ紹介サイト「アンドロイダー」さんに、ピクレトリが認められ紹介されました!

現在デイリーランキング2位となっております!

徐々にではありますが、日常生活で役に立つアプリとして、皆様に知ってもらえてきたのではないかと感じています。

今後ともよろしくお願いします!

 

www.piculetly.com

Twitterhttps://twitter.com/piculetly_app

Facebookhttps://www.facebook.com/piculetly/

ピクレトリ@新感覚のメモ帳アプリ!ある日の「あっ、忘れてた...」を無くしませんか?#3

みなさんこんにちは^^*

今回の記事では、ピクレトリにメモを登録する際の手順をお伝えしていきます!

手順

  1. リマインド一覧画面から、右下の ⊕ ボタンをタップする。
  2. 「声で入力」「手で入力」のどちらかをタップする。
  3. 話しかけるor入力する 例:コンビニで歯磨き粉を買う。
  4. コンビニなどの普通名詞を指定した場合「どこの?」と聞いてくれるため、「どこかのコンビニ」を選択する。※場所を指定したい場合は候補を出してくれるため、選択しタップする。

という4ステップをなぞるだけで、いとも簡単にメモを登録することができます。

 

すると、指定した場所に到着した際「通知」が届きます!

f:id:official-piculetly:20170316140753j:plain

これでもう「買い忘れてた!!」ってことはなくなりますね^^*

 

※また、入力する段階で時間帯を指定すれば、その時間帯に意図的に通知を設定することも可能になっています。

(以下、手順1~4の画像を挿入)

 手順1 ⊕ボタンをタップ        手順2 どちらかをタップ

 f:id:official-piculetly:20170314163638p:plain  f:id:official-piculetly:20170316133058p:plain

 手順3 入力する            手順4 当てはまるものをタップする

 f:id:official-piculetly:20170315195441p:plain  f:id:official-piculetly:20170316134609j:plain

 

今回までの記事でピクレトリがなぜ「新感覚のメモ帳」として使ってもらえるのか、使い方の手順はどんなものなのか、ということについて述べてきました。

次回は、今日あまり説明しなかった「声で入力する」という部分にフォーカスした記事を投稿します!

www.piculetly.com

Twitterhttps://twitter.com/piculetly_app

Facebookhttps://www.facebook.com/piculetly/

ピクレトリ@新感覚のメモ帳アプリ!ある日の「あっ、忘れてた...」を無くしませんか?#2

ピクレトリ使い方

※ピクレトリは、iPhone/androidそれぞれの端末からAppStore/GooglePlayでダウンロードすることができます。

 

#1でピクレトリのキーワードは「確認」と述べましたが

 

ピクレトリは「自分で設定した時間になると」、または「自分で登録した場所に到着すると」自動で通知が届くという特徴があります。

というか、そういったアプリです^^;(笑)

 

勘のいいみなさんはそろそろお気づきかもしれませんが、

ピクレトリが「新感覚のメモ帳」であると言える理由がここにあります。

 

それは「気軽に予定を登録でき、確認のための通知が届く」からなのです。

 

従来の紙媒体の手帳やメモ帳では絶対に通知が届くなんてありえませんよね?

 

上記にもあるように、予定の数時間数分前に、指定した場所に到着した際に、通知が届くことで「確認作業」を行えるため、「あっ、忘れてた...」を高確率で防ぐことができるのです。

f:id:official-piculetly:20170314163318p:plain

f:id:official-piculetly:20170314163246j:plain

 

 

このアプリ一つで予定の管理を行うのもいいですし、現在使っている手帳やメモ帳と併用して使うという選択肢も大いにありですよね!

 

また、メモ帳として使用する際に気になることである画面についても、一画面に最大6つ(iPhone6sの場合)予定を登録できるため、目につきやすく分かりやすいのも特徴です!

もちろん、スクロールすることもできるため6つ以上登録することも可能です!

f:id:official-piculetly:20170314163638p:plain

 

さて次回からはいよいよ使い方を書いていきたいと思います!

「気軽に登録できる」という部分にフォーカスして書いていきたいと思いますので、次回もぜひご覧になって使ってみてください^^*

 

 

www.piculetly.com

Twitter公式アカウント:ピクレトリ (@piculetly_app) | Twitter

Facebook公式アカウント:https://www.facebook.com/piculetly/

ピクレトリ@新感覚のメモ帳アプリ!ある日の「あっ、忘れてた...」を無くしませんか?#1

みなさんおはようございます!

ピクレトリ広報担当をしております、白石と申します。
これから、よろしくお願いします ^^*

f:id:official-piculetly:20170314072203p:plain

当ブログでは「新感覚のメモ帳」として使用できる「ピクレトリ」の情報をお伝えしていきます!

 

毎日の「あー...忘れてた...」をなくすためには、必須級なアプリとなっていますので是非ご覧になり、使用してみてください。

(メモとしての使用例は以下の画像をご覧ください。)

f:id:official-piculetly:20170314072535p:plain

 そもそもなぜ忘れてしまうのか??

・「確認」するという行動を怠ってしまうから

・「確認」したのにも関わらず忘れてしまったから

 という2点であると私は考えます。

 

キーワードは「確認」です。

 
それでは次回から、ピクレトリがなぜ「新感覚のメモ帳」として使用することができるのか、ということについて投稿していきたいと思います。

www.piculetly.com

Twitter公式アカウント:ピクレトリ (@piculetly_app) | Twitter

Facebook公式アカウント:https://www.facebook.com/piculetly/